サイトマップラズナート神殿放送室 ≫ ラジオ・ソードマスター・第一回


ダレス  なぁ…これ、本当にやるのか?
ティア  今更何を…
ディレクター不知火(以下 不知火) 『おーい、もう始まってるぞー』
ティア  え? あ! どうも、失礼しました。今夜から放送のラジオ・ソードマスター。パーソナリティーのティアで〜す!
ダレス  ダレスだ。
ティア  もう・・・無愛想ねぇ。
ダレス  しょうがないだろう。他にどう言えと言うんだ。
ティア  全くぅ…え〜、この番組は、ダイノスの地域で起こった事件の数々の紹介と、「剣匠英雄譚」に関する皆様の質問にお答えしていく番組です。
ダレス  ゲストも毎週呼ぶ予定だ。
ティア  そうそう。と言っても最初の内は、私たちの仲間内からの登場になるんだけどねぇ〜
ダレス  もしかすると、原作者の裏話も聞けるかもしれん。
ティア  と、言ってますが、どうなの?
不知火  『放送室から俺を呼ぶな! 基本的にフォローはする』
ティア  だ、そうです。
ダレス  ん? なんか出してるぞ。
ティア  ああ…え〜指示があったので、そろそろタイトルコールしときましょう。


ティア ダレスのラジオ・ソードマスター】

  この番組は、魔導の明日を見つめる「パンタフ魔導学院」と
  〆切からが勝負!の「Over the Dead Line」の提供でお送りします。


ティア  と、言うわけで改めまして。ティア・ネイト・ファーレンです。
ダレス  ダレス・キル・ディオスだ。
ティア  しっかし、すんごい煽りねぇこのODLって。
ダレス  まぁ原作者の行動そのままだからな。
ティア  どう言うこと?
ダレス  読んだままだ。〆切過ぎてから書き始めて、印刷寸前に原稿を挟み込んでいるんだ。
ティア  それって、編集者泣かせよね。
ダレス  これまで、〆切前に作品を出したことは一度も無いって豪語してたぞ。
ティア  ……な〜に威張ってんだか……
ダレス  おかげで、作品は毎回尻切れトンボ。竜頭蛇尾もいいところだ。
ティア  よくそんなんで作品続けるわよねぇ。
不知火  『俺の事はいいから、番組を進行しろ!』
ティア  って、言われてもねぇ……
ダレス  放送一回目で、便りなんか来てるわけもあるまいに。
ティア  あ、なんかその辺少しは考えてる見たいよ。
ダレス  どうだか。
ティア  一応、手元に「ダイノスの説明を」って書いてあるわ。
ダレス  ダイノスの説明も何もないだろう?
ティア  う〜ん、どうもこの放送、流れてる世界が違うみたいなのよ。
ダレス  ……通りで。説明を聞いたときは、こんな意味のない放送する必要もないと思ったが、流したくなるわけだ。
ティア  よね〜
ダレス  ならば、説明しておかなければなるまい。ダイノスというのは……
ティア  私たちの住んでる世界で〜す。
ダレス  ……オホン……
ティア  ……あ、ゴメン。
ダレス  あ〜ダイノスというのは、龍…「神龍」と呼ばれる創造主が創った世界だ。
ティア  なんでも、旧い世界がどうしようもなく壊れてしまったんで、作り直したそうよ。
ダレス  ところが、作り直してみると、旧世界を滅ぼした「否定する者」がまた壊しに来たんだな。
ティア  それだけじゃなくて、やれ旧世界の神だ悪魔だ、ドラゴンだって、色々な勢力が世界を手に入れようとして乗り出して来ちゃったの。
ダレス  で、何年も戦争して、最後に古代神達を統括する古代三頭神と、神龍から生まれた新生十二神が残って、古代神達は撤退、十二神の加護の下、ようやく人間が中心となった世界が創られたわけだな。
ティア  でも、悪魔達の脅威は無くなったわけじゃないの。時折世界へそれこそ正しく魔手を延ばしてくるのよ。
ダレス  だが、神々も直接人間の世界に手を出せない。そこで、超常的な能力の持ち主に龍の欠片から造られた「神剣」を持たせて、それを排除させるわけだ。
ティア  その人物が「剣匠」と呼ばれるの。この物語がそう呼ばれるのはそういう訳なのよ。
ダレス  現在までの剣匠は37人。
ティア  それぞれ、壮絶な人生と戦いの伝説を残しているわ。
ダレス  と、言うわけだ。
ティア  解ってもらえたかしら。え〜っと……「詳しくは本編を読んでね」だって。
ダレス  初めからそう言えばいいんだ。回りくどい説明をせずに済んだ物を。
ティア  全くだわ。え〜ここでCMです。


  「お父さん、お母さん、私、魔法が使えるようになりたい!」
  「何を言ってるんだい。魔法の『ま』の字も知らないくせに」

  『大丈夫!パンタフ魔導学院では、基礎の基礎からしっかりお教えします』

  「それに、この辺じゃ魔法を教えてくれるトコなんてないぞ」

  『大丈夫!パンタフ魔導学院は寮を完備。さらに遠隔地の方には、伝送魔導機で家庭での受講もできます!』

  「だいたい、魔法が使えるようになって、どうしようってんだい」

  『それも大丈夫!パンタフ魔導学院は卒業生99.2%の就職率を誇ります。生徒の魔導特性にあった進路を親身になって相談します』

  「それでも私……!」
  「……しょうがない。お前は一度決めたら決して折れないからな」

  『あなたのやる気を応援します! ♪パンタフ魔導学院♪』


  なぁ、ODLってなんだ?
   →ODLは不知火 駿助の個人サークルです!

  単なる物書きだろ?
   →うっ……確かにそうなんです……

  イラスト少ないな。
   →僕、絵が描けないんです(TT)

  妄想癖のページなんてねぇ……
   →うぅ……それでも、皆様の来場が作者のやる気に繋がります!

  どうか度々足を運んでやって下さい……

  ODLは各コンテンツ鋭意制作中!場所はずばりココ(^^;)


ダレス  なぁ、CMにつっこみって、していい物なのか?
ティア  え〜スポンサー様に変なこと言っちゃまずいでしょ〜
ダレス  魔導学院はそうかもしれんが、ODLなら問題ないだろう。
ティア  どうかな〜? へそ曲げてうち切られたら洒落になんないじゃん。
ダレス  それはまず無い。
ティア  ……ま、ま、今回は一応初回だし、次回ね?
ダレス  ……そうだな。
ティア  え〜お次は私たちの紹介をしましょう。
ダレス  そうだな。
ティア  まずは私から。パンタフ在住…
ダレス  今は方々を旅してるがな。
ティア  ……グラナダ神教会司祭の娘で……
ダレス  グラナダ神というのは、先に述べた古代三頭神の一人だ。
ティア  ……グラナダ神聖騎士です。
ダレス  聖騎士とは、信仰宗派に仕える騎士で、女性としては初だ。
ティア  もう!ツッコミがうるさい!
ダレス  ……わかった。
ティア  え〜っと何処まで言ったっけ? あ、そうそう。年齢は17歳……え?
不知火  『放送してるとこだと、年齢の換算変わるんだよ』
ティア  そうなの? 私……20歳手前? へぇ…そうなんだ。
ダレス  どうも、6年で一年分増えるそうだ。
ティア  ややこしいわね……で、え〜身長は113マセット……って、これも変わるの? え〜164…セ…センチ? 体重は…って言わせないでよ。
ダレス  何故だ?
ティア  もう! 乙女の体重なんて聞く物じゃないの!
不知火  『乙女ねぇ…』
ティア  何よ! 文句ある!? で、髪の毛と瞳の色は紅。
ダレス  紅髪・紅眼。揃って紅いのは少ないが、珍しい事ではない。西方白色人種の特徴だ。
ティア  そうそう。で、え〜特技は剣術ね。片手剣術が得意よ。弓も結構自信在るんだ。あと、乗馬かな? 趣味は…音楽…かな……?
ダレス  弦楽器専門だ。毎晩奇妙な音が響いてるぞ。
ティア  も〜! 悪かったわね、下手で! はい次、ダレスの番よ。
ダレス  ダレス・キル・ディオス。職業暗殺者だ。
ティア  …ちょっと……公開しちゃっていいの……?
ダレス  構わん。困ることはない。
ティア  あっそう……
ダレス  龍神流総家第116代伝承者。18…21歳。身長123マセット…178センチ。体重は56キロ、だそうだ。髪も眼も黒い。
ティア  あんた方が珍しいじゃないのよぉ。
ダレス  だな。黄色質の肌も入ってるから、東方系と言うことなのだが、実際、俺が何処の出なのか、自分でもよく知らない。
ティア  ま、その辺は追々原作者が書くでしょうけど……いつになる事やら。
不知火  『グサッ!』
ダレス  ……特技は……特になし。
ティア  何でもそつなくこなすもんねぇ〜
ダレス  趣味は…笛を吹くことと、薬草の調合か?
ティア  毒草の間違いじゃない?
ダレス  薬も過ぎれば毒になる。毒も微量なら妙薬となることもある。
ティア  言うだけなら簡単よね〜
ダレス  確かに。
ティア  ……………えっと、じゃあここで、一曲聞いて頂きましょう。曲は神岡英理子さんで「地上」。


 福音はすがる杖にすぎず
 深き淵の底は天空(そら)の門で

 流れゆく涙は何故
 こんな神も死に人も死ぬ世界で

 Abysse d'existance

 気の滅入るほど虚飾で覆い隠す
 傷跡一つない美しいその貌を

 Abysse d'existance

 気の滅入るほど虚飾で覆い隠す
 傷跡一つない醜いその言葉

 Abysse d'existance

 気の滅入るまで観賞すればいい
 傷跡一つない美しいその肉体

 Abysse d'existance

 気の滅入るまで観賞すればいい
 傷跡一つない醜いその精神(こころ)


ティア  はい、ミワオカ ジェリコさんで「地上」でした。
ダレス  一応、剣匠英雄譚の冒頭主題歌に使われている詩だな。
ティア  神岡さんは、不知火の高校時代の後輩で、沢山の詩を書かれているのよ。ちょっとダーク入ってるけど。
ダレス  彼女についてこんな話を聞いたぞ。不知火が「剣匠」を手作りで文庫本化したって言うのは高校の部活のOB仲間内では有名な話なんだが、そこで神岡嬢に詩を使わしてもらったんだ。
ティア  ふんふん。
ダレス  で、いざつくってみたら、彼女にその本『売った』らしいんだな。
ティア  え〜、使わしてもらったのに、売ったの? 普通はお礼も兼ねてあげるもんでしょ?
不知火  『だ〜! うるさい! 他の人に売ってたら、彼女からももらっちゃったんだよ!』
ダレス  仲間内にだって無料で配るぞ。
ティア  最悪ね〜
不知火  『……はやくコーナーに行け……』
ティア  はいはい。お次は「パンタフ三面記事」のコーナ〜
ダレス  ちなみにパンタフというのは、俺達が住むクルオネルス大陸の中心に存在する貿易都市だ。CMでさんざん言ってたのに、説明し忘れてたな。
ティア  そういえばそうね。で、このコーナーでは、パンタフで発行されている新聞から、色々と抜き出して、そこから私たちの生活を紹介していくコーナーです。
ダレス  まぁ簡潔に言うなら、文化の違いを知ってもらうコーナーだな。
ティア  う〜ん、それだけじゃ無いような気もするんだけど、まぁいっか。
ダレス  では、早速。
ティア  最初の記事は『魔導学院の宝物庫、盗難に遭う! 主犯は講師の魔導師か?』って、これ……
ダレス  外伝Uの記事だな。
ティア  そうね。
ダレス  著者の火呂氏も『三面記事に載るような事件が書きたい』って言ってからな。
ティア  でも、これトップ記事でも良いような大事件じゃない?
ダレス  問題は、流出した魔導品の所在だな。宝物庫に入っていたのは、高い魔導力を持った品が多いからな。
ティア  そうねぇ……そうそう、頷いてる場合じゃないって。説明しないと。
ダレス  そうだな。何を説明すればいい?
ティア  事件の概要は話を読んでもらえばいいし……
ダレス  魔導品に関する事を説明しようか?
ティア  う〜ん……『魔力が封印された品物』以外説明の仕方、ある?
ダレス  ……確かに、一言ならそれでいいけど、詳しくとなると、放送時間内じゃ無理だな。
ティア  そうねぇ。じゃあ、魔力について説明しましょう。
ダレス  俺が?
ティア  頑張ってね、学院の講師さん?
ダレス  わかった。魔力自体よりも『5つの力』について説明しよう。ダイノスには氣力、霊力、魔力と『正の力』『負の力』の5つがある。この内『正と負の力』は神々の力と呼ばれ、世界が創られた時の争いの中で2つの月に封印されて無くなってしまったのだが、他の三つはあらゆる生物、無機物、大気中に存在し、世界を構成する基になっている。
ティア  月は金色と銀色の2つあるのよ。この放送地域ではいくつ在るのかしら?
不知火  『1つで〜す』
ダレス  で、氣力は肉体に、霊力は精神に、魔力は魂と精神、肉体を結びつける力でもある。魔力を行使するには、肉体と精神、そして結果として現れる具象を構築する自分の意志が一つにならなければならない。呪文とか触媒なんてのは、その手助けをする物で、じつは二の次だったりするんだな。
ティア  呪文もいろいろあるのよね。口語で良い物、古代に栄えた魔導王国期の言葉じゃなきゃいけない物、陣を引く物。あと、札や道具に封印された効果を引き出すだけで良い物もあるのよね。
ダレス  そうだな。物に封印されてる物は、手順が不要で便利に思われているが、比較的効果が一定で、手加減できないという欠点もある。それに、使用される魔力は自分から出さなければならない点は変わらないしな。まぁ優れた使い手は大気中の魔力を利用する事に長けているから、消耗は少ない。
ティア  宝物庫に保存されていた物って、強力な物もあるんでしょう?
ダレス  そうだ。特に危険な物はさすがに特別な封印が施してあって、盗まれてはいなかったそうだが。
ティア  じゃあ、そういうのを普通の人が使ったらどうなるの?
ダレス  死ぬな。即刻。
ティア  死ぬって……
ダレス  魔力が無くなると、肉体と精神に影響がでる。失った魔力を他の力で補填するからだ。特に氣力が高い「人間」はそれで補填する。すると氣が減って肉体の生体バランスが崩れる。で、自律神経が崩壊、呼吸困難や心臓麻痺なんかを引き起こす。滅多に在ることではないのだが、完全に無くなるとミイラ化する場合もあるんだな。
ティア  へぇ…気を付けて使わないと大変ね。
ダレス  どの力も、肉体は呼吸と共に体内に取り入れて補給するから滅多にないんだ。特に魔力は太陽光から供給されてるからな。
ティア  他の力は?
ダレス  氣力は肉体の健康、霊力は精神の安定性が目安だ。健全な肉体こそ、何より導師に欠かせないということだな。
ティア  そうなんだ。魔導師ってがりがりに痩せた不健康そうなイメージがあったんだけど。
ダレス  偏見だな。俺の説明はあくまで理想的な使用者だ。魔導師は魔術師と違って魔法に関する研究をするから、魔法を使わず何日も研究で籠もる人間のイメージだろう。
ティア  そうなんだ〜。と、いうわけで、ここら辺で時間となったようです。
ダレス  魔術師と言うのは魔法の使用専門者で、魔導師というのは魔導に関する研究を…
ティア  え〜まだ講釈たれてますが、そろそろ締めを。
ダレス  ……特に古代魔導王国の研究に関しては……
ティア  ねぇ……ねぇってば!
ダレス  あ? ああ。そんな時間か。
ティア  と言うわけで、ご感想、質問、それに『こんなコーナー作って』なんてご意見は

         shiranui@odl-city.net

      ラジオ・ソードマスター係まで。お便り待ってま〜す。
ダレス  不知火はヒマ人だからな。こう言うの好きなんだそうだ。
ティア  次回は、魔導学院の魔導講師カイハス・リック・セクターがゲストに来てくださるそうです。
ダレス  得意な事になると、奴は俺より口数が多いぞ。
ティア  大丈夫かしら……
ダレス  便り、一通でも来ればいいな。
ティア  そうね。それでは「ラジオ・ソードマスター」、また次回、近いうちにお会いしましょう。


  この番組は、魔導の明日を見つめる「パンタフ魔導学院」と
  〆切からが勝負!の「Over the Dead Line」の提供でお送りしました。



 サイトマップラズナート神殿放送室 ≫ ラジオ・ソードマスター・第一回

 Copyright (C) 2002 不知火 駿助   Last update: 2002/03/10